来年1月に予定されている沖縄県名護市長選挙で、自民党名護市支部の候補者選考委員会が北部地区医師会副会長の宮里達也氏(66)を擁立する方針を固めた。人選の難航に危機感を持った県内経済界や自民党県連、首相官邸が加わった人選が宮里氏浮上のきっかけとなった。