沖縄地方は9日明け方から朝にかけて、大陸高気圧の張り出しによる寒気の影響で、各地で今季最低気温を記録した。国頭村奥では午前5時5分に平年より4・6度低い7・6度を記録。南城市の糸数では午前6時49分に7・9度を観測した。沖縄気象台によると、同日中は沖縄地方で10メートル前後のやや強い風が吹く見込みで、体感温度は、実際の気温よりだいぶ冷たく感じるという。

 同気象台は、沖縄地方の同日の天気は曇り、時々雨の降るところもあり、日中の最高気温は14度と予想。沖縄本島では、空気が乾燥するため、火の元、火の取り扱いに注意を呼び掛けている。(沖縄タイムス+プラス編集部)