琉球王国時代の古式にのっとった公開結婚式が8日、那覇市の国際通りであった。琉装姿の新郎新婦は国際通りを歩き、てんぶす那覇前の特設式場に到着。1枚の着物を2人で羽織り、清めの湧き水で額を湿らせ華やかな門出を飾った。

多くの観光客が眺める中、特設挙式場へ向かう津波さん夫妻=8日、那覇市・国際通り

 ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューが開業40周年を記念し無料のプレゼント結婚式としてカップルを募った。「沖縄の歴史を学べる式にしたい」と応募した読谷村の津波若菜さん(25)と、夫の吉作さん(24)が約40組の中から選ばれ、11カ月の長男朔(さく)ちゃんと晴れ舞台に望んだ。

 儀式に続き「温かい家庭を築きます」と宣誓。国際通りを歩く前に泉崎旗頭保存会が勇壮に旗を掲げ、紅白の獅子舞が花を添えた。夫妻と読谷高校の同級生で沖縄市の比嘉梨奈さん(25)は「結婚式は人生で1度きり。私もこんな式を挙げたい」と笑顔で祝っていた。