2018年(平成30年) 1月24日

沖縄タイムス+プラス ニュース

<高校野球沖縄大会>首里、宜野座、美来工が勝利 16強出そろう

 夏の甲子園出場を懸けた第99回全国高校野球選手権沖縄大会は2日、沖縄セルラースタジアム那覇など県内3球場で2回戦が行われ、首里が嘉手納に4-3で競り勝ち16強入り。宜野座は12-0のコールド勝ちで沖縄高専を下し、美来工も具志川商に8-3で勝った。
 
 2日は、ほかに知念、北山、八重山、浦添商、八重山農が3回戦に進出した。

 前日の試合に勝った糸満、興南、豊見城、浦添工、沖縄尚学、読谷、那覇商、宮古と合わせてベスト16が出そろった。

 大会には県内63チームが出場。沖縄セルラースタジアム那覇を主会場に4球場で行われ、決勝は7月16日の予定。

 優勝校は8月7日に阪神甲子園球場で開幕する全国大会(夏の甲子園)に沖縄代表として出場する。
 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間