【名護】名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは10日も早朝から、米軍キャンプ・シュワブゲート前と海上での抗議活動を行っている。

ゲートに入る車両を止めようとして警官に排除される新基地建設に反対する市民=10日午前7時40分ごろ、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前

 午前7時ごろには、海上保安庁職員が乗っているとみられる車両がゲートから基地内に入ろうとしたのに対し、市民ら20人が激しく抗議。抗議を制止する沖縄県警の警察官や警備員など約50人との間で約30分にわたりもみ合う中、車両がゲートから入っていった。けが人などはなかった。

 ゲート前で抗議する市民らはその後、百人を超え、午後もゲート周辺で座り込みながら抗議集会を行っている。