那覇港管理組合議会(赤嶺昇議長)の2月定例会が10日開会し、執行部側が前年度比5億2183万円(12・7%)増となる46億3442万円の2015年度一般会計予算案など議案6件を提出した。

 管理者として初の定例会に臨んだ翁長雄志知事は施政方針で「物流拠点としての施設整備やクルーズ船第2バースの整備などに取り組む」と意欲を示した。

 金城勉副管理者は第2バースの整備場所について、3月に開催予定の学識経験者らでつくる「長期構想委員会」で複数案を提示し、最終案に向けた意見を集約するとした。狩俣信子氏(県議)らの質問に答えた。