那覇-石垣線に3月29日に参入するソラシドエアのスカイネットアジア航空(SNA、宮崎市)は10日、搭乗3日前予約の割引運賃「特売り3日前」を当初発表の1万円から引き下げ、8200~8500円(6月30日まで)とする新運賃を正式発表した。これを受け、同路線を運航する日本トランスオーシャン航空(JTA)も同じ期間の3日前予約で8千~8500円の割引運賃を発表し、両社の運賃水準が並んだ。

 同路線の運賃設定をめぐっては、JTAがSNAの運賃を下回って設定することができないとする国土交通省の指導にJTA側が異論を主張し、届け出が保留されていた。SNAが当初の1万円から8千円台に引き下げたことで、従来水準を維持できるようになったとして、JTAは予定通りの運賃を届け出た。

 さらに、JTAは搭乗前日の予約割引運賃で9千~1万1500円を設定。SNAには現在同等の割引運賃はない。JTA幹部は「運賃設定の主導権が(新規参入の)ソラシド側にあることは納得できない。他社に先行して運賃届け出ができるように引き続き国交省に方針を伝えていきたい」としている。