第61回沖縄タイムス賞の贈呈式と祝賀会が3日、那覇市泉崎のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューで開かれた。社会活動部門で選ばれた安次嶺馨氏(74)=県立中部病院・ハワイ大学卒後医学臨床研修事業団ディレクター=ら各分野で功績があった個人6人に正賞が、女子プロゴルフ大会開催などを通じた人材育成に取り組んだダイキン工業に感謝状が贈られた。

沖縄タイムス賞を受賞した(前列左から)上原武信氏、宮城嗣幸氏、宮城幸子氏、安次嶺馨氏(後列左から)島袋正敏氏、比知屋義夫氏の長男・孝氏、ダイキン工業の川村群太郎氏=3日午後、那覇市・ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

 沖縄タイムス社の豊平良孝社長は「受賞者の功績に心から敬意を表したい。今後も県民の誇りと活力につながる人々を顕彰していく」とあいさつ。受賞者を代表して安次嶺氏は「栄えある賞に受賞者一同、衷心から感謝申し上げます」と述べた。その他の正賞の受賞者は次の通り。

 【正賞】産業部門=島袋正敏氏(アグー保存会初代会長)▽文化部門=宮城嗣幸氏(琉球古典音楽野村流松村統絃会名誉会長)、宮城幸子氏(真踊流佳幸の会会主)▽体育部門=上原武信氏(沖縄空手・上地流範士10段)、比知屋義夫氏(沖縄空手・剛柔流範士10段)