沖縄気象台は11日午前6時50分、粟国島で観測史上最低の5・6度を記録した。これまでは2010年1月15日に観測した5・8度が最低だった。

 同気象台によると、11日の朝、粟国島は高気圧の影響で晴れ。風が弱く地表の熱が奪われる放射冷却現象が起きたことに伴い、気温が急激に下がったとしている。