3セットとも3点差以内の大接戦となった女子最終戦は、伊良波が真志喜を下して優勝を決めた。セッターの山内彩梨沙主将は「全員でつかんだ勝利。周りのメンバーに助けてもらった」と仲間に感謝した。