沖縄県内有数の闘牛どころ、うるま市。2町2市の合併前からそれぞれの地域で伝統的な娯楽として根付き、合併後は県内最大規模の「全島闘牛大会」など、年間20回以上の大会が開かれている。市商工会は、闘牛を新たな観光資源として発展させ観光客誘致につなげようと、本年度からニーズ調査に着手。