【東京】鶴保庸介沖縄担当相は4日の閣議後会見で、リーディング産業を担う社会人の育成と情報通信技術を活用した遠隔教育の充実、専門学生への給付型奨学金など沖縄独自の人材育成策を発表した。観光業に就く優秀な従業員には、スキルアップのため海外先進地への留学などを支援する制度を創設する。