沖縄電力は太陽光発電の系統接続で1月26日から、発電量が需要を上回ったときに接続の遮断などで電力の供給量を抑える対象を住宅などの個人契約にも広げている。 電力を配電する系統の不安定化を避けるためで、経済産業省の省令見直しに基づき、固定価格制度の運用が改定された。