7月の県産品奨励月間に合わせ、県工業連合会(呉屋守章会長)など5団体の代表らは4日、県庁に屋比久盛敏商工労働部長を訪ね、翁長雄志知事宛てに県内企業への優先発注や県産品の優先使用などを要請した。 呉屋会長は「産業振興を加速させるためにも県産品の販路拡大、地域ブランドの形成といった地場産業振興が重要。