鹿児島県・徳之島の伊仙町教育委員会は12日までに、同町の前当(まえあた)り遺跡から、グスク時代初期(11~12世紀)の集落と墓、炉、水田の跡がまとめて発掘されたとの調査結果をまとめた。琉球諸島(奄美群島から先島諸島)で同時期の水田の発掘例はきわめて少なく、集落と一緒に発掘される最古の例という。