強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が国内で初確認されたことを受け、環境省那覇自然環境事務所は4日、外国からの貨物が置かれている那覇市港町の那覇新港埠頭(ふとう)で目視による緊急調査をした。午後1時から夕方まで調査し、生息は確認されなかった。