【東京】安倍晋三首相は12日、衆参両院の本会議で施政方針を演説し、米軍普天間飛行場の返還に向けて「引き続き沖縄の方々の理解を得る努力を続けながら、名護市辺野古沖への移設を進める」と述べ、移設に反対する地元民意が示されても日米合意に従って進める考えを示した。