翁長雄志知事は13日の記者会見で、沖縄防衛局が名護市辺野古の海上に設置したトンブロックなどがサンゴを壊している問題を受け、沖縄防衛局に海上作業の一時中止を求めることを含めて対応を検討していると明言した。

定例会見で記者の質問に答える翁長雄志知事=県庁

 知事は「今回のトンブロックは、普通で言うアンカーから逸脱している。所管の農林水産部には一時停止を含め検討するよう指示しており、辺野古基地は造らせない認識でしっかり対応したい」と述べた。

 在沖米海兵隊の現職大尉など米軍幹部から、基地建設に反対する市民への問題発言が相次いでいることには「たいへん残念というか、憤りもある。沖縄にどれだけ日米安保体制の過重な負担が来ているか、現場の状況を分かっているのか。良き隣人には、ほど遠い」と批判した。