【東京】中谷元防衛相は13日の閣議後会見で、名護市辺野古での新基地建設に伴い投入され、サンゴ礁を傷付けているアンカーについて「浮標の設置にかかる手続きの必要性について、県から他の事例を踏まえれば、手続きの対象とはならない旨が示された。これを踏まえてアンカーを含む浮標設置は岩礁破砕等にかかる手続きの対象としなかった」と、県の説明を受けて適切に対応しているとの認識を示した。

 中谷氏はアンカー設置場所について「可能な限り環境への影響を回避・低減する観点からサンゴ類の生息状況を調査した上で決定している」とも述べた。