2014年のかりゆしウエアの生産枚数が前年比14・2%増の49万3035枚で過去最高を更新した。県衣類縫製品工業組合(大坪愼治理事長)が13日までにまとめた。夏場の軽装「スーパークールビズ」の定着に加え、デザインやブランド、素材の多様化で県内需要を喚起。