自転車のアジア選手権は12日、タイのナコンラチャシマで行われ、男子個人ロードレース(130キロ)で内間康平(北中城高-鹿屋体大出、ブリヂストン)は2時間48分11秒で2位と同タイムながら3位となり、2位までの国・地域に与えられるリオデジャネイロ五輪出場枠獲得に届かなかった。新城幸也(八重山高、ヨーロッパカー)は10位、中島康晴(愛三工業)は12位、佐野淳哉(那須ブラーゼン)は27位だった。

内間康平

新城幸也

内間康平 新城幸也

■先頭に出られず

 内間康平の話 スタートしてすぐにアタック合戦で、ハイスピードなレースだった。展開が変わったラスト2周は絶対に勝つつもりだったが、先頭グループで前に出ることができなかった。