サッカーの第36回九州高校新人大会(U-17)が13日、西原町民陸上競技場ほかで開幕し、4ブロックに分かれ予選リーグ第2戦まで行った。県第1代表の那覇西は大分西(大分第2)に5-1、熊本国府(熊本第2)に1-0で勝って2連勝し、2位以内確定で決勝トーナメント進出を決めた。

那覇西-大分西 後半11分、那覇西の久貝俊喜(右)がハットトリックでチーム4点目を決める=東風平運動公園サッカー場(国吉聡志撮影)

 県第2代表の那覇は鵬翔(宮崎第1)に0-1、東福岡(福岡第1)に0-3で敗れて予選リーグ敗退が決まった。第2日は14日、予選リーグの残りを行う。