「権力者の声高な演説こそ危ない」。革新政党の幹部を長く務めた元県議が語っていた。ムードに流されて、隠されている魂胆を見逃すなという戒めと受け止めた

 ▼そういえば、小泉政権時代、小泉純一郎首相は「構造改革なくして景気回復なし」と絶叫調で繰り返した。だが任期中、「構造改革」で経済は再生されず、むしろ格差が広がっただけだった

 ▼安倍晋三首相は12日の施政方針演説で「改革断行」を強調した。45分間の演説で、時折、師匠の小泉氏ばりに声を張り上げた。「改革」という言葉を36回にわたり連呼した

 ▼米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を進めるとあらためて明言。米軍基地の負担軽減で「裏付けのない言葉ではなく、実際の行動」と移設推進に強い意欲を示した

 ▼首相の言葉を裏付けるように沖縄防衛局は海上作業を強行し、海保や県警は暴力的な警備で新基地建設に抗議する市民らを弾圧している

 ▼沖縄防衛局が沖合に設置したトンブロックがサンゴを破壊している問題で、県は週明けにも作業の一時停止指示を出すか判断する。抗議する市民らは翁長雄志知事の新基地建設阻止の公約を体を張って守っている。翁長氏が先頭に立ち、中止に追い込むことを待っている。知事選の歴史的勝利から約3カ月がたつ、基地問題は剣が峰を迎えている。(与那原良彦)