「おくなわの観光・物産と芸能フェア」が開幕した13日、那覇市久茂地のタイムスビルには大勢の“離島ファン”が駆け付け、品定めしながらお気に入りを買い求めていた。島のゆるキャラも登場し、愛嬌(あいきょう)を振りまいた。

かち割り黒糖などが人気を集めた特産品の即売会場=13日、那覇市久茂地のタイムスビル

 渡名喜村のきびもちなどを買った浦添市の新垣清子さん(61)は座間味島生まれ。「離島出身なので離島を応援したい。買いそびれないように朝一番に来ました」と笑顔を浮かべた。

 多良間村の「かち割り黒糖」の販売コーナーでは、大きな塊を金づちで割る実演に人だかりができた。那覇市の大渕愛子さん(59)は「試食で食べたらおいしかった。自宅で黒糖蒸しパンを作りたい」と話した。

 開幕のテープカットに合わせ、粟国村の「アニーちゃん」、多良間村の「たらぴん」、沖縄タイムスの「ワラビー」が姿を見せ、華やかな雰囲気を盛り上げた。