過重労働を対象にした厚生労働省の全国一斉調査で、「違法残業」が確認された事業所が、県内での調査全体の68%に当たる34事業所に上ったことが分かった。時間外労働に必要な労使協定(36協定)を超える残業や、36協定がないなど労働基準法32条に違反している。