名護市辺野古の新基地建設でコンクリートブロック(10~45トン)がサンゴなど岩礁を傷つけている問題で、沖縄防衛局は13日、県の許可区域外で岩礁破砕を伴う作業をしたかどうか、説明を求めた県水産課の2度目の照会に回答した。