日米の市民が辺野古の基地建設の中断を求めたジュゴン訴訟における米連邦地裁の却下決定は、実質的な審理もせずに原告らの訴えを門前払いした。「政治的な問題」に消極的な日本の司法ではなく、あえて米司法に活路を求めた住民らの期待は裏切られた。