【山城博明通信員】新成人を祝福し激励する意味合いをふくめ、オキナワ日本ボリビア協会(中村侑史会長)主催、沖縄角力振興会(伊敷和彦会長)主管の「第33回角力大会」が1月17日、第1移住地の地域体育館内に特設された土俵で行われた。

多くの人が見守る中、熱戦を繰り広げる参加者=第1移住地の地域体育館

 大会は小中学生の部から始まり、一般の部では軽、中、重量級に続いて無差別級の取り組みが行われた。

 土俵の周りの最前列には1世のオジー、オバーたちが陣取り孫、ひ孫の取り組みに声援を送っていた。技の応酬に指笛が鳴り響き会場は盛り上がった。

 中量、軽量級の取り組みではスピード感あふれる取り組みが続き会場を沸かせた。

 各部門の優勝者は以下の通り。(敬称略)

 小学生の部=岸本エリック(11才)、中学生の部=新垣直(14才)。一般の部軽量級=比嘉謙悟、中量級=細川勇咲、重量級=サウセド晃、無差別級=細川勇咲。