米軍嘉手納基地に暫定配備され、日米合意で移転されたはずの旧海軍駐機場を使用していた在韓米軍基地所属のU2偵察機4機のうち2機が7日午前、嘉手納基地を離陸した。6日の2機に続いて韓国の米軍基地に戻ったとみられる。

(資料写真)U2偵察機

 目撃者によると、7日午前9時前と11時すぎに、それぞれ1機が離陸した。

 U2偵察機計4機の暫定配備がこの日で終わったとすると、嘉手納基地使用は5月31日から7月7日までの38日間。太平洋空軍は在韓米軍基地の滑走路改修を理由に1カ月程度嘉手納基地に配備するとしていた。

 U2偵察機の旧海軍駐機場の使用をめぐっては、沖縄市、嘉手納町、北谷町でつくる「嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会」と県が日米合意違反だと強く反発。翁長雄志知事と三連協の首長が7日午後、防衛省と外務省に使用禁止を要請する。