18年ぶりに栄冠をつかんだ女子糸満。準決勝までの6戦を全てストレートで勝ち上がり、越来との決勝も2-0の快勝だった。 躍進の原動力になったのが第1複の金城志織(2年)・比嘉悠姫奈(1年)組。金城が「相手のオーダーを予想して挑んだのが良かった」と話すように、戦前に相手の研究を怠らなかった。