越来-石嶺の男子決勝は複1、単1で決着がつかず、勝負は複2に委ねられた。 「負ける気がしなかった」。準々決勝、準決勝をともに2-1の接戦で勝ち抜いてきた越来の屋宜京介・前田将太組は強気だった。 相手は1年の前田を狙って打ってきたが「思うつぼにはさせない」と前田。