電機大手コニカミノルタは6日、官民ファンドの産業革新機構と共同で、遺伝子分析を用いたがん診断を手掛ける米企業を買収すると発表した。買収額は最大で1100億円程度の見込みで、今年10月に全株式を創業者らから買い取る予定だ。 がんは日本人の死因のトップ。