【東京】泡盛製造業の自立経営の確立に向けた方策を検討する「沖縄の酒類製造業の振興策に関する検討会」が提言書をまとめ、座長の小泉武夫東京農業大学名誉教授が6月28日、内閣府で槌谷裕司沖縄振興局長に手渡した。 従来の振興策より、販売戦略や経営面強化を具体化した。