【東京】浦崎唯昭副知事は16日、スカイマーク本社で井手隆司会長らと面会し、同社が撤退を決めた那覇―宮古、石垣の両路線を存続するよう要請した。浦崎氏によると、井手氏は「しばらくは撤退せざるを得ない」と述べ、路線廃止に理解を求めたという。

 面会後、記者団の取材に応じた浦崎氏は「宮古、石垣両市の観光行政や住民の生活の足を守るために存続してほしいと申し上げた」と説明。これに対し、井手氏は撤退を明言した上で、「会社は必ず立ち上がる。宮古、石垣の市民へ(運航再開を)伝えることができる日が遠くない日にくる」と述べ、将来的な路線再開に言及したという。

 浦崎氏は「離島の生活を守り、観光客数を押し上げていくには引き続きお願いしなければならない」と述べ、今後も路線継続を求めていく考えを示した。

 要請には中山義隆石垣市長、下地敏彦宮古島市長も同行した。