琉球舞踊の宮城流美能留会(二代目、宮城園美)の「蓬莱島 沖縄」公演が6月30日、浦添市の国立劇場おきなわであった。初代の故宮城美能留作の舞踊劇で31年ぶりの上演。沖縄を神が住むという「蓬莱島」に見立て、神が人々を集めて島が出来上がり、文化が発生する様を舞踊や古武道、獅子舞などでダイナミックに描いた。