名護市辺野古の新基地建設に反対する「沖縄『建白書』を実現し未来を拓ひらく島ぐるみ会議」の事務局は、2月22日に開催される辺野古抗議集会に参加する市民を乗せる「辺野古バス」11台を用意する。バスは50人乗りで、市民からの熱い要望で運行が決まった。

 同事務局は毎日、抗議行動に参加する市民を那覇からキャンプ・シュワーブゲート前まで大型バス1台で運んでいるが、集会当日、10台増便し、各地から辺野古まで参加者を送迎する。バスの出発時間は次の通り。

 【10時発】県庁前の県民広場(5台)、うるま市役所本庁舎(2台)、与那城庁舎(1台)、石川庁舎(1台)【11時発】宜野湾市役所前のバス亭(2台)。バス賃は往復千円。申し込みは不要で先着順。問い合わせは同事務局、電話098(884)5567。