大阪朝日新聞の記者が1935年の糸満で写した子どもたちには「糸満売り」された子がいたかもしれない。糸満では「雇い子」と呼ばれ、親が手にする現金と引き換えに、返済のため20歳まで漁師のもとで働いた。 その始まりを明治時代半ばとみているのは法政大沖縄文化研究所国内研究員の加藤久子さん=神奈川県。