【東京】中谷元防衛相は16日の臨時会見で、翁長雄志知事が名護市辺野古の新基地建設に伴う海底への大型ブロックなどの新たな作業の停止や現状報告を指示したことについて、「法律、各種法令に従って適正に事業を進めている。県と調整を経て適切に行っている」と述べ、計画通り作業を進める考えを示した。

 中谷氏は、沖縄県との調整で防衛省が「浮標と一体」と認識する大型ブロックの設置について、「他の事例を踏まえれば浮標の設置は手続きの対象とならない旨が示されていた」と説明。

 「それなりの十分な審査を経て話し合いを経て実施している。現場の状況を確認しながら、工事の手順、計画に従って実施していきたい」と述べ、準備が整い次第、月内のボーリング調査に着手する考えを示した。