【名護】名護市辺野古の新基地建設の海上作業で、翁長雄志知事が岩礁破砕の許可取り消しも視野に沖縄防衛局へ新たなコンクリートブロック設置などの停止を指示したことを受け、稲嶺進市長は16日、「許可取り消しまでいけば、今進められている工事を止められると思うので、それに期待したい」と述べた。市役所で記者団に答えた。

翁長雄志知事の沖縄防衛局への現状変更停止指示を受け、記者団の取材に答える稲嶺進名護市長=16日、同市役所

 稲嶺市長は市民団体の調査で区域外のサンゴ礁破壊が明らかになったことが、今回の県の調査につながったとの見解を示し、「公(の機関)としてそれが裏付けられれば大きな効果が出る」と期待感を示した。

 許可区域外で破壊している可能性が高いと県が指摘していることを踏まえ、「国は法律にのっとって進めていると言ってきたが、それと矛盾するものだ」と国の対応を批判した。