名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局に対する翁長雄志知事の指示は、作業停止につながる即効性はないものの、岩礁破砕の許可取り消しを視野に入れた「必要な段階」と位置付ける。強気な姿勢の背景には、埋め立てに向けたほぼすべての海上作業をストップさせる「取り消し」の効力を意識している。