2025年前後にピークを迎え、その後減少が見込まれる沖縄県内人口。対応策として県は、移住希望者と受入地域をつなぐ各市町村の「世話役」の育成や移住コーディネーターを担当課に配置するなど、市町村の取り組みを支援する体制を整える。