【北部】環境省那覇自然環境事務所は17日、2014年のヤンバルクイナの交通事故確認件数が、過去最悪の12年に並ぶ47件だったと発表した。うち、43羽が死んだ。ことしは交通事故がまだ発生していないが、同事務所は「夏にかけての繁殖時期、車の運転に注意を」と呼び掛けた。

 ほかの希少種における14年の交通事故確認件数はケナガネズミが8件、ノグチゲラが2件、アカヒゲが1件という。