2年目の山川が紅白戦で2ランを含む2安打2打点とアピールした。左越えへ本塁打を放ち「得点圏だったのでどうにか打点を挙げようと食らいついた結果」と振り返った。

紅白戦で本塁打を放つ西武・山川=日南・南郷

 打撃のタイプが似ている中村から下半身の使い方などを教わっている。その先輩も紅白戦で左中間中段へ2ランを運んだ。自身の打球と比べ「追い込まれても高めの球をあそこまでもっていくのはさすがだなと。自分はぎりぎり」と実力の差を痛感していた。