「自分たちは市長のために働いているんじゃない。市民のために仕事をしているんだ」。那覇市を担当していたころ、懇談の席で、ほろ酔いの職員や議員から決まって出たせりふだ▼「市民のため」。この言葉の重要さを皆が共有していることが分かったし、大切な意識として心に深く残った▼議員の不祥事が全国で相次いでいる。