新基地建設が進む名護市辺野古で18日、反対する市民らが工事関係車両の進入を阻止するため米軍キャンプ・シュワブのゲート前で県警機動隊約40人と激しくもみ合った。機動隊員らと押し合った際に男性(64)が鼻の下を切って4針縫う全治1週間のけがを負った。 男性は「警察官のひじが当たった」と主張。