米軍普天間飛行場の「5年以内の運用停止」など負担軽減について、県、宜野湾市の代表と関係閣僚が協議する普天間飛行場負担軽減推進会議の初会合から18日で1年を迎えた。この日を「5年以内」の起点にしていることから、残り4年になる。