【北谷】北谷町議会(田場健儀議長)は19日に臨時会を開き、名護市辺野古への新基地建設に伴う県警機動隊や海上保安官による過剰警備に抗議し、工事の即時中止を求める意見書を賛成多数で可決した。 

 意見書では昨年の主要選挙で辺野古新基地建設に反対する民意が示された中で、埋め立て作業が強行されていることに抗議。「県民らが抗議を行うのは民主主義国家として当然の行動であり、力ずくで押さえ込もうとする事に対し厳重に抗議する」として、工事の中止と抗議行動への弾圧、過剰警備をやめるよう求めた。

 嘉手納基地所属のF15戦闘機が2月4日に部品を落下させた事故に対する抗議決議と意見書は、全会一致で可決した。