オリオンビール(浦添市、與那嶺清社長)の創立60周年を記念したスペシャルイベントが11日、那覇市久茂地のタイムスビルで始まった。オリオン樽(たる)生ビールなどが味わえる「オリオン60thアニバーサリーホール」は21日まで(16、17日は休み)、同社の歴史を振り返る「オリオン60周年パネル展」は15日まで。

オリオンビール60周年イベントでビールを手に盛り上がる来場者=11日午後、那覇市久茂地・タイムスビル

 オープニングセレモニーで嘉手苅義男会長は「60周年を迎えられたのは、多くの人の支援のたまもの。心から感謝したい」とあいさつした。

 パネル展を見学した糸満市の会社員、金城利依さん(36)は「懐かしい商品や知らない商品が展示され、懐かしさと驚きがある。タイムスリップした気分になれるのが良いですね」と話した。

 アニバーサリーホールは午後4時から9時まで。定番の「ドラフト」や夏季限定商品「オリオン夏いちばん」、創立60周年特別醸造生ビール「ドラフトエクストラ」が300円で味わえる。「麦職人」「サザンスター」「ゼロライフ」は200円。

 パネル展は午前10時から午後9時まで。当時の写真を使った年表で60年の歴史を振り返るほか、歴代商品の展示、過去のCM集などを映像で振り返るコーナーがある。