翁長雄志知事が19日に開会した県議会2月定例会本会議で表明した所信に、与党や中立会派からは、新基地建設反対の姿勢をあらためて明確にしたとして評価の声が上がった。一方で、野党は新基地を造らせない具体的な方法を示していないとして公約実現性を疑問視し、代表・一般質問で徹底追及する構えだ。