沖縄県警は19日、2014年に県内で発生した交通死亡事故全体に占める飲酒運転の割合が26・5%で、2年連続で全国ワーストになったと発表した。全国平均6・7%の約4倍と大幅に上回った。